How to Save a Life by Lucas Nakao

Lucas Nakao giving a sermon on September 14, 2013

下で日本語に訳しております。

Hello everyone and thank you for attending this month’s Pearl Church monthly service! I was asked by Rev Owen Nakao to give this month’s sermon titled, “How to Save a Life.” (*sampai*)

As some of you may know, I’ve been in East Los Angeles for the past year doing missionary work at the Tenrikyo Mission Headquarters of America Missionary House. To keep it short, I will refer, “Tenrikyo Mission Headquarters of America” as “America Dendocho.” It all started about a year and a half ago when I was asked by my father to do missionary work. The first thing that went to my head was, “is he telling me or asking me?” Then as if God was correcting me I heard, “Oyakoko shinasai,” or the Tenrikyo term to practice filial piety. Then I quickly made my decision and he then told me “and I also want you to leave your laptop behind.” “What?!” I thought.

It was last year August 2012 when I headed to East LA to do missionary work. The first thing you hear about America Dendocho is about the shootings they had around the church or at the church.

East L.A.

East Los Angeles is home to many Mexican immigrants who crossed the border illegally for the riches in America or to escape from the Mexican gangs also known as the Cartel who are notorious for killing many people who defy them or are from a rival gang and also have a big influence on the government. Because there are so many Mexican immigrants, there are many people who can only speak Spanish but after learning a few words, it was enough to introduce myself and the Tenrikyo teachings and to ask for permission to administer the healing prayer or the Sazuke.

One surprising thing I notice when going door to door is when asking a Hispanic child, from middle school to about high school, if they would like to listen to me talk about the Tenrikyo teachings, 9 times out of 10, they are likely to say yes. For every 1 out of every 10 houses, there is someone who will accept the healing prayer of Sazuke. Continued visits are a little rare though.

Throughout my one year experience, I have come to realize many things. For one, I truly believe that this world needs the Sazuke. The Sazuke is so powerful, that when you administer it to a person, it will immediately change their life. There are so many people out there that need help that once we administer the sazuke and hear the teachings, they will become enlightened and their life will change for the better even if it is just a little.

Life as a Missionary

My weekly schedule would be, weekdays I would normally visit 22 people and about 4 people on saturday whom I had to bus to. On 1st, 2nd, and 3rd Sundays I would go to different church Monthly services and on the 4th and 5th Sundays I would do full days worth of door to door missionary work.

There are a few experiences I would like to share that would better explain how I may have come to realize many things:

The Man on the Wheeled Crutches

During the first month I was in East LA as I was walking around doing nioigake and saw a man sitting on his wheeled crutches on the sidewalk under a shade. He seemed very old and weak. He looked very tired and so I introduced myself with the little Spanish I knew and asked him how old he was and what his illness was. To no avail, I could not understand what he was saying and wasn’t even sure if he understood me and just asked him, “Orashyon?” or “prayer?” in Spanish. He replied mumbling something in Spanish then scuffled, “ahh” with a nod. I then began the sazuke and prayed for his head to his shoulders asking for God to save this person from whatever illnesses he had. From that day on, I would look for him on the street to pray for him. I would always greet him, “Guenous dia! Comoestas?!” which means, “Good morning how are you?,” and he’d reply, “bien” or “I’m fine,” shake his hand, then I would say, “Orashyon?” “ahh” and perform the Sazuke. I was not sure what was wrong with him until another missionary named Shishido Takanori translated his Spanish.

Apparently he was 76 and had pain in both his lungs and heart. I continued to pray for him for a few months until I coincidentally pass his house and found out where he lived. His son was having a yard sale who asked me, “can you pray for me too because ever since you prayed for my dad, he’s been getting better.” I was so happy to find out how he was doing because I could never communicate with him. His son suffer from alcoholism and also pain in his left leg.

For a long time, I never asked about his alcoholic addiction but after visiting him so many times he told me one day that that he began drinking when his mother and girlfriend pass away within one year. It saddened him so greatly he would have to drink until he could stop thinking about them. I apologized that I could not save him and prayed earnestly for God the Parent’s guidance. When the 1 month spiritual development course at America Dendocho was about to start, I invited him in the hopes that it will help him with his illness telling him, that going to this course will change his life.

I had an application ready for him to fill out when he decided. Believing that pressuring a person to do something is wrong, I just told him that he can decide on the last day by showing up, hoping that he would realize how much this course can help him. When the day came, he did not show up and felt sad because didn’t have any more ideas on how to help this person besides doing the Sazuke.

I kept praying for him until my last day when he told me he was sad that I was leaving and if he were to quit drinking, it would be because of me and my prayers.

The Truth of the Three-Day Promise

Next I would like to talk about 62 year old woman who I met through a missionary who had to go back to Japan asked me to continue praying for her. She was doing chemotherapy on a regular basis and was being home ridden, not being able to do anything too physical due to her condition.

At that time I was taught to give massages to the people I prayed for so I began to pray and massage her. To my surprise, her neck and shoulders were very stiff probably due to the stress of the cancer.

This worried me a lot. She really liked receiving the sazuke, but to me I did not see immediate change and continued to pray for her as much as I could. Then one day she said that she could not go to her last big chemotherapy because of a check up she had that determined her body could not handle it. She became very depressed telling me the news and caused me to worry even more.

That day I decided make a 3 day promise to God or “kokoro sadame” where I would do a specific hinokishin on my own for an hour each day. She did not know I was doing this but the 4th day would be when she would go on her check up. I could not get in contact with her on that day but on the 5th day I went to her house only to talk to her son. Her son confirmed that she had passed her check up and was doing her last big chemotherapy that day.

A huge relief had come over me and I began to cry. Not knowing if it was because of my prayers, God’s blessings, or just plain luck I thought, “If it was God who healed her, then what did I do?”

That was when I realized I was saved by growing spiritually through earnestly praying for her. She finished her chemotherapy and is currently working at a bakery.

Conclusion

I have many other stories to tell but it would take too long so I would like to conclude my experience by talking about the end of my missionary work. I had just ended on August 14th, and everyone who I’ve been visiting appreciated everything I have done for them.

That really taught me that you will never know how much you appreciate someone until they are gone.

Through my experience, I’ve gained many disciplines or the tools I need to continue my faith as a Tenrikyo follower. I strongly believe that if you do Nioigake, blessings and good things just happen automatically and putting your faith in God will be much easier with no worries for the future. Thank you very much for your time.


「アメリカ布教の家」

この中には御存じの方もいらっしゃると思いますが、私はこの一年間アメリカ伝道庁の布教の家で布教をさせて頂いておりました。今から一年半程前になりますが、父から布教の家に入らないか、と言われたのがきっかけです。

父は「行きなさい」と言っているのか、「行かないか?」と言っているのか、どっちなのかと考えていました。そこで、私は、これは神様がわたしに「親孝行しなさい」と言っているのかも知れないと、そのように受け取れたのでした。その当時、私はハワイ伝道庁で一年間青年勤めをし、その後、仕事を探そうと思っていた矢先でした。
いままで親にして頂いた事に対して当たり前と思ってはいけないので、その感謝の気持ちを、親に喜んでもらうために布教をしようと思ったのです。そうでなければ、当たり前のように思ってしまうからです。そこで、即座に行く事を決めました。

ハワイ伝道庁青年を終え昨年の8月にロスアンゼルス東部にありますアメリカ伝道庁へと旅発ちました。先ず最初にアメリカ伝道庁と聞くと、その近辺はよく銃弾のとびかう所と聞きます。事件が起きると、人は話題にしますが、しかし又いつの間にか忘れられていく。そんなロスアンゼルスは、メキシコでは一日中働いても$10以下しかもらえない労働者が、アメリカに来ればもっと稼げるという事を理由に、メキシコから違法で国境を越えてアメリカに侵入する移民が大変多いと聞きます。

又、違法で侵入して来る人達は、メキシコでよく知られているカ―テルという殺し屋で名高いギャングと又、そのライバルのギャングらから逃れるためであり、政府に悪影響を及ばせ困らせているという事です。

移民の人たちはスペイン語しか話しませんので言葉の壁があります。しかし、私は自分を紹介する事と天理教の教えを少し伝える事と、「おさづけのお取り次ぎさせて頂けますか」という言葉だけは覚えました。

相手の人が何を言っているか分からなくても、「おさづけをさせて下さい」と云うと、“Si”「はい」と答えてくれます。はっきりと返事がない時は、私はガッツポーズをして、元気な声で“Yes”とその方のかわりに答え、続いて、名前と年齢、そして病気かケガをされたかを聞きます。そして「明日また来てもいいですか」と聞けるように、その言葉だけはスペイン語を覚えました。

一軒、一軒ドアをたたいて歩くのですが、驚いたことに10人中9人のスペイン系の中学、高校生の子供達は、天理教の話を聞いてくれます。また、匂いがけで、十件歩いたらその内の一軒はかならず、おさずけを受けてくれます。しかし、必ずしも再び受けて下さるかどうかは別です。

この一年の経験から、色々なことに気が付いたという事です。その一つに、この世の中の人々はおさづけを本当に必要としていると思った事です。

おさづけは大変パワーがあります、そして今たくさんの人がたすけを必要としていると実感します。お取り次ぎさせて頂くと、すぐにでもその人は変わります。お話しを聞いて下さると、心が開かれ、少しづつかもしれないが、良い方へと生き方が変わっていくのです。

わたしは週日、22件のおたすけ先を訪問し、土曜日にはバスに乗って4件ほどの家を訪問していました。第一、第二日曜日は伝道庁から近い天理教の教会の月次祭にお参りし、第3日曜は伝道庁月次祭、そして第4、第5サンデーは匂いがけに一日中まわるというスケジュールでした。

その間、人との出会いや、色々な体験を通じて実感した事などを少しお話しさせて頂きたいと思います。

「歩道でのおさづけ」

ロス東部に着いて一ヶ月目の頃です、布教に歩いていますと、歩道の日陰で、ウオ―カ―に腰掛けている男の人に会いました。その人は年をとっていて、病弱に見えました。私は少し知っているスパニッシュで、自分の紹介をし、又その方の名前と、どこの具合が悪いのかと聞きました。もちろん何を言っているのか分かりませんし、ぼくの言っている事も分からないでしょうから、“Orashyon?”「お祈りしましょうか?」とスペイン語で言いました。するとその人は何かはっきりしない言葉をブツブツ言い、あわてたように「Ahh!」と頭をふって言いました。そして私はその人の頭から肩へと、神様に「どんな病気があるのか分かりませんが、どうか助けて下さい」と、おさづけをお取り次ぎしたのです。その日以来、毎日そこへ行き彼を探して、お祈りをしました。

「おはようございます。お元気ですか!」とスペイン語で挨拶をします。その人も「元気だよ」と握手して、それから又“Orashyon?”「お祈りしましょうか」と聞くと、

“Ahh”と答えが返って来て、お取り次ぎをしておりました。ある日、宍戸さんというスペイン語を話す布教師の方に通訳してもらうまでは、病名もどこが悪いかも全く分からなかったのです。聞くところによると、彼は76歳で心臓と肺に痛みがあるという事です。2-3ヶ月間程、路上で毎日おさづけを取り次がせて頂いてましたが、ある時、匂いがけに歩いていた時、たまたま通りかかった家がその老人の家だったという事がわかったのです。というのは、その人の息子さんが私を見て、「父さんは祈ってもらって以来、段々良くなってきているから、僕にもお祈りをしてくれないか」と云って来たからです。私はそれを聞いて本当にうれしかったのです。実際、言葉が分からない為、その老人は何を言っているのか分からなかった訳です。

息子さんはアルコール中毒と左足の痛みがあるという事です。

何度も息子さんのところへおさづけに通いましたが、私は一度も個人的な彼のアル中の事には触れませんでした。が、ある日彼の方から話しを始めたのです。実は、彼の母親とガ―ルフレンドが一年の内に続いて亡くなってしまったという事です。だから飲まずにはその悲しみを忘れる事が出来なかったそうです。私は彼のつらい心を救う事が出来なかった事をお詫びしました。

その頃、アメリカ伝道庁の一ヶ月の修養会が始まろうとしていたので、是非、入りませんかと勧めたのです。修養会の始まるその日まで待っていたのですが、ついに彼は姿を見せなかったのです。とても残念でした。私にとって、この人をたすけるにはおさづけ以外には考えられなかったからなのです。

いよいよハワイに帰る日が来るまで、私はこの人の為に毎日祈っていました。それが伝わったのか、「ルーカスが帰ってしまうのはとても寂しい、もし、いつかお酒をやめる事が出来たなら、それはルーカスの祈りのお蔭でやめる事が出来たと思っていてくれ。」と云ってくれました。

_________________________________

次に、62歳の女性に出会いました。実はこの人を以前おたすけしていた布教師が日本に帰ってしまったので、私に続けておさづけに通うよう言われたのです。この女性は化学療法キモセレピーをある一の定期間受けているので、家の中だけで過ごすといった生活でありました。

その頃、お祈りと同時に病気の人にマッサージを施して上げる方法を教えて頂いていたので、早速マッサージをさせて頂きました。驚いた事にクビと肩がひどくこっているのです。癌からくるストレスでしょうと思いました。

その方は、おさづけをいつも喜んで受けて下さいましたが、特に良くなっているという風には見受けられないのです。が、ともかく続けてお取り次ぎさせて頂いていました。ある日、その婦人は、「検査の結果、いまの身体の状態をみると、最後の大きなキモセラピーを受ける事ができない」と医者に言われ、がっくりと気力を落としていました。私もその知らせを聞いて本当に心配になりました。

その日以来、私は神様に三日間のお願いの心定めをしました。それは毎日、一時間多く特別ひのきしんをする事でした。62歳の女性は私が心定めをしている事など知らないのですが、心定めのひのきしんが終わった4日目の日に、その方のところへ行ったのですが、ドクターへ検診に行く日だったので、出掛けられていたのでしょう、留守でした。

その翌日の5日目に家へ訪ねて行くと、息子さんと話をすることができました。彼から聞くところによると、検診の結果、体調もよくなり、最後の大きなキモセラピーを今受けていると話してくれました。

私はホッとした安堵感と共に嬉しくて涙が止まりませんでした。

私がたすけたのではなく、もちろん神様の御守護以外の何物でもないのですが、しかし、では私はいったい何をしたんだろう?と考えていました。私は、その方にけんめいにおさづけを取り次がせて頂いて、私の心をたすけて頂きました。

その後、62歳の婦人はキモセラピーを終えて、今ではベーカリーに勤めています。

まだ他にもおたすけさせて頂いた話はたくさんあるのですが、布教師としての体験談はここで終えさせて頂きます。

先月の8月14日に一年間の布教師生活を終えたのですが、おたすけに行ってた所の人達は皆とても私に感謝をしてくれました。「毎日会っている時は特に何も思わないけれど、もう来なくなってしまうとなると、あなたがどれだけ人の心に感動を与えたかという事に気づく。」と話してくれました。

最後に、私は布教を通して何を得たか、というと、信仰を続けて行く上の強い信念のようなものを頂きました。人救けをさせて頂くと、すぐにでも御守護を頂けるという事。「人をたすけて我が身たすかる」という教え。

神にもたれ、信じさえしたなら、将来は何の心配もないのだという事を確信したのです。

御清聴ありがとうございました。

Comments:

Leave a Reply